複数の借入をまとめる方法

カードローンを利用している人の中には、複数の業者からの借入れを抱えているケースも見られます。
そこでまとめローンを活用して返済の負担をラクにできる可能性についてお話ししたいと思います。

複数のキャッシング会社からお金を借りていると、個々で適用されている金利が高いために利息負担が大きくなってしまいます。
まとめて借り換えた場合、より低い金利で借りられる可能性があるため、今後の返済負担の軽減が期待できます。
カレンダー
複数社の借入では返済日も異なるため毎月の返済管理が面倒です。
一本化することで残高や返済日の現状把握が簡単になる利点があります。

おまとめローンが最大のメリットとして打ち出しているのは「月々の返済額が減る」という点です。
ただし実際には返済期間は延びて支払い利息が増えた、というケースも少なくありません。

金利が低くなって月々の負担がラクになったとしても、残りの返済期間によっては逆に増えてしまう可能性があることに注意が必要です。

あくまでも目先のメリットだけでなく、返済総額がおまとめ前より減らせるか、という点に注目して検討してください。

おまとめローンは金利の低さが最大の魅力ですが、低金利での融資となると当然審査が厳しくなることも頭に入れておきましょう。
まとめ専用商品を多く扱う銀行カードローンは、消費者金融よりも比較的審査が厳しいともいわれています。
専業主婦は配偶者に安定収入があることを条件に、銀行カードローンのみが利用可能ですが、利用限度額がかなり低くなるため、あまりまとめ向きとはいえません。

おまとめローンが利用できなくても銀行なら全体的に低金利で借りられますし、無利息サービスなどを利用することで利息負担を軽減できる可能性もあります。
無担保で借入できるカードローン会社はお金が必要な方におすすめです。
複数の借入を一つにまとめることも可能なので、ニーズに合わせて利用することができます。